先日、NTTドコモがついに3G携帯電話サービスの「FOMA」と同じく3G向けのネットサービスである「iモード」を2026年3月31日をもって終了すると発表がありました。
iモードの歩みとともに始まったリモートメールを提供している私どもとしても時代の移り変わりをしみじみと感じる次第です。

さて、このiモードはすでに新規の受付は2019年9月30日に終了をしており、iモード終了で影響を受ける人は、今現在FOMA等のケータイを使用していてiモードの契約がある状態の人たちです。

これにともない、ガラケーからスマホへの乗り換えを検討せざるを得ない状態になってくると思いますので、その際に聞いたご不安や注意点などインターネットコンテンツを提供している会社として、ガラケーで利用しているコンテンツを中心にお伝えできればと思います。

ところで、SPモードは大丈夫なの?

iモードが終了するお知らせをうけて、不安になった方から「spモードも終了するの?」という問い合わせを受けたのですが、spモードはスマートフォン向けのインターネットサービスですので、今回のiモード終了に伴う影響は有りません。

ただ、現在ガラケーを使っていて、いずれは乗り換えないと……という状況にある場合は若干の注意が必要です。

ガラケーからスマートフォンに乗り換えるときの注意点は?

個人の端末については、そこまで気にする必要はありません。
iモードで利用していたコンテンツについては、スマートフォンでも利用できるサービスであればそのままマイメニュー引き継ぎがされます。
ただ、無料サービスの場合は登録し直しといった作業が必要になる可能性がありますので利用しているサービスの機種変更の際のデータ引き継ぎを確認しておく必要があります。

しかし、法人名義の場合は注意が必要です。
法人の場合は、マイメニュー引き継ぎはそのままではされず、別途申し込みが必要ですので、そのままである場合すべて消えてしまいます。
そうならないよう、機種変更の際にお申し込みを忘れないようにしてください。
マイメニューの引き継ぎがされなかった場合、今までの登録等がすべて消えてしまうサービスや、ものによっては戻せませんので機種変更の時には事前に確認をするようにしましょう。

リモートメールは継続できる?

なお、リモートメールにつきましてはスマートフォンでもご利用いただけますし、より一層便利にお使いいただけます。
添付ファイルについてはスマートフォンの広い画面であればより見やすくなりますので、パスワード付きファイルの展開などもできるプレミアムコースへの移行もご検討いただけると嬉しく思います。