テレワーク

初めてのテレワークにおけるコミュニケーション上に発生する、上司と従業員のストレスを調査・その対応策とは

弊社は新型コロナウイルスの影響が出る前からテレワークの実施はありましたが、それはどちらかというと営業担当者が外出先の時間を有効に使うものを目的としており、会社へ来ることは大前提のものでした。しかし、今回の新型コロナウイルスの蔓延以降は、さすがにそういうわけにもいかず、弊社も可能な従業員については原則テレワークにするよう舵を切っています。

見切り発車のテレワーク見直し コミュニケーション・チャット編

以前からテレワークを実施していた企業はさておき、今回のコロナを機にはじめてテレワークの導入をした企業は、テレワークについてどのような感想をもちましたか?私自身は、自宅のパソコンのスペックは正直会社のものよりも格段によく、インターネット回線もマンションのギガタイプを使用しているので全く問題がないのですが、そうでない場合は色々と問題があるようです。

テレワーク・在宅勤務でも、メール対応は滞りなく行う必要がある

テレワークや在宅勤務を導入する企業が増えていっている様子がみられますが、皆さま業務には問題は出ていないでしょうか。私が見かけたケースではあるのですが、メールを送付すると「在宅勤務の為、メールの対応ができません」といった自動応答をいただく場合があります。しかし、人とのコミュニケーションがあって、その上で取引が発生すると考えると基本的にメール対応についてはどのような状況であってもできるようにしておくのが望ましいと言えます。

テレワーク・在宅勤務中のメール対応のポイント

今、テレワークや在宅勤務に切り替えられる方は積極的に実施されていらっしゃるかとは思いますが、メール送受信にいつも使っているメールソフトではないものを利用されている方も多いのではないでしょうか。いつもの環境なら何も気にしなくてもいいものが、いつもと違うという場合にはほんの少しだけ注意が必要な場合があります。

「シン・テレワークシステム」中小企業でテレワークの用意を急いでいる企業には選択肢の一つに

弊社でも「fonfunリモート・ビュー」というリモートデスクトップのサービスを提供しておりますが、この類のサービスを提供されている他社様も含め、注文が殺到してしまっているためにどこもライセンスの発行等に非常に時間がかかる状態になっています。

新型コロナウイルスに対して、会社はどこまで対応をすべきか

日々ニュースで感染者の情報が取り上げられている新型肺炎ですが、すでに大企業などがテレワークを命じる対応を取っている等の報道も見かけるようになっています。しかし、準備がされていた企業ならいざしらず、対応が進んでいなかった中小企業ではテレワークに踏み切るのにも、何を準備したらいいのかもわからないといった状況になるのではないでしょうか。

テレワークのメリットとデメリットまとめ

最近では国の後押しもあってテレワークが推進されている傾向にあります。2020年は東京オリンピックも開催されてうれしいことである反面、企業に勤める人は大混雑により出勤が困難になると予想されているのもまた事実です。

テレワーク導入ガイドブックダウンロードはコチラ
テレワーク導入ガイドブックダウンロードはコチラ